ディズニーが「ハイスクール・ミュージカル」南米3カ国バージョンを製作

2008年7月14日

ハリウッドで行われた「ハイスクール・ミュージカル」 試写の模様
ハリウッドで行われた「ハイスクール・ミュージカル」
試写の模様

 [ロサンゼルス 12日 ビルボード] ディズニー・チャンネルの人気オリジナル・ムービー「ハイスクール・ミュージカル」のラテンアメリカ版「High School Musical: El Desafio」が近日中に南米各国で公開されることになった。

 メキシコ、アルゼンチン、ブラジルの3カ国でそれぞれ独自の脚本とキャスト、音楽を用いて製作したもので、近年のディズニーの地域特化型コンテンツ制作路線をさらに拡大する動きと見られている。

 ウォルト・ディズニー・カンパニー・ラテンアメリカのディエゴ・ラーナー社長は、今回の試みはオリジナル版「ハイスクール・ミュージカル」と競合するものではなく、同作が持つ普遍的なテーマはそのままに、そこに地域的なスパイスを加えたものだと語る。たとえばオリジナル版でフィーチャーされるスポーツはバスケットボールだが、メキシコではそれがサッカーに、アルゼンチンではラグビーに変更されているという。

 3カ国版のキャストはいずれも各国で放映されたオーディション番組で選ばれたとのこと。ブラジル版の撮影はまだこれからだが、アルゼンチン版は7月17日、メキシコ版は9月5日の公開が予定されている。

※この記事はロイター通信社との契約に基づき、株式会社エイガ・ドット・コムが日本語翻訳を行っています。