「24」のジャックことキーファー・サザーランド、ようやく離婚が成立

2008年5月21日

エルトン・ジョンの誕生日パーティに姿を現したキーファー・サザーランド
エルトン・ジョンの誕生日パーティに姿を現したキーファー・サザーランド

 [ロサンゼルス 20日 ロイター] 人気TVシリーズ「24」で主人公のジャック・バウアーを演じているキーファー・サザーランドの離婚がようやく正式に成立したようだ。

 元妻エリザベス・ケリー・ウィンとは99年から別居中で、04年5月に「和解しがたい不和」を理由に離婚の申し立てをしていたというから、実に成立するまで4年もかかったことになる。2人の間に子供はいなかった。

 現在41歳のサザーランドにとっては今回が2度目の離婚。87年、ロックバンド、シカゴのテリー・キャスの未亡人キャメリア・キャスと結婚、1人娘のサラをもうけたが、3年後には破局している。また、結婚にはいたらなかったが、ジュリア・ロバーツと婚約していた時期もあった。

 ちなみに、サザーランドが抱える裁判沙汰はこれだけではない。昨年9月には飲酒運転で逮捕され、48日間の実刑を受けて服役している。04年にも同じ容疑で起訴され、保護観察期間中の事件だった。

※この記事はロイター通信社との契約に基づき、株式会社エイガ・ドット・コムが日本語翻訳を行っています。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com