放送界のピュリッツァー賞、ピーボディ賞発表。受賞したのはあのTVシリーズ

2008年4月4日

 TV・ラジオなどの放送作品で優れた業績をあげた個人・団体に贈られる第67回ピーボディ賞が発表された。

 “TV放送界のピュリッツァー賞”とも言われる同賞。今年、受賞したTVシリーズは、捜査官と殺人鬼という二重生活を送る主人公をコミカルに描く米Showtimeで放送中の「デクスター/警察官は殺人鬼」、TV業界で働く人々のドタバタを描く米NBCで放送中の「30 Rock」、60年代の広告業界の裏側を描く米AMCで放送中の「Mad Men」の3作品。

 それぞれの選考理由は、「道徳観に関する複雑で多義的な検証を行っている」(「デクスター」)、「公共放送を巧妙かつ軽快に風刺している」(「30 Rock」)、「60年代のニューヨークの雰囲気を、タバコの煙とともに詳細に再現している」(「Mad Men」)。

 なお、その他の部門では、才能あるデザイナーを発掘する「プロジェクト・ランウェイ/NYデザイナーズバトル」がリアリティ番組として初受賞の快挙を達成している。