新ディーバの誕生!オーディション番組出身のレオナ・ルイスが大躍進

2008年4月1日

 イギリスの「ポップアイドル」に続くオーディション番組「X-ファクター」で06年シーズンのチャンピオンに輝いた、レオナ・ルイスの躍進が目覚しい。

 彼女のデビューシングル「ア・モーメント・ライク・ディス」は06年12月に発売早々イギリスでナンバーワンになったが、今度はアメリカで4月8日のデビューアルバム発売に先がけ、シングル「ブリーディング・ラブ」が4月5日付けビルボード・チャートでナンバーワンを獲得した。同チャートでイギリス人の女性ソロアーティストがトップになるのは約20年ぶり。ホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリー、セリーヌ・ディオン路線の新しい王道であるディーバの出現と業界は騒然だ。

 彼女のデビューアルバム「スピリット」は、本国イギリスでは昨年11月にリリースされ、発売1週目で約37万枚を売り上げ、アークティック・モンキーズが持っていたデビューアルバムの最速売り上げ記録をあっさり更新してしまった。同アルバムは、これまでに世界で200万枚以上を売り上げている。