「ロビンソン・クルーソー」を米NBCがTVドラマ化!

2007年10月3日

 18世紀に英国人作家ダニエル・デフォーが書いた古典的冒険小説「ロビンソン・クルーソー(ロビンソン漂流記)」が、アメリカで全13話のTVシリーズとして制作されることが明らかになった。米ハリウッド・レポーター紙が伝えたもの。

 孤島に漂流したロビンソンが、従僕のフライデーとともに冒険する過程でさまざまな困難に立ち向かうというストーリーで、同紙によると、ロビンソンは「冒険野郎マクガイバー」のように機転を効かせ、その地その地の小物を使って危機を乗り越えていくというアイデアもあるという。また、舞台は原作通りに17世紀だが、現在のTVコードに抵触するような差別的な表現を排除し、現代的な視点で描かれることになるという。

 脚本はアメリカ人ライターに依頼されるというが、ロビンソンを演じるのはイギリス出身の俳優で、フライデーは撮影地の第1候補に挙がっているオーストラリア出身の俳優になるのではないかと見られており、毎回ゲストスターも登場するようだ。08年か09年にNBCで全米放送予定。