「ブレードランナー」の4つ目のバージョン、現在再撮影中か!?

2007年5月1日

 ジョアンナ・キャシディといっても、すぐにピンと来る人は滅多にいないだろう。45年生まれなので、すでに62歳。最近ではTVシリーズ「シックス・フィート・アンダー」にマーガレット・チェノウィス役でレギュラー出演しているが、映画で見かけることは少なくなった。だが、リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」(82)で、シースルーの衣装を着て、ニシキヘビを身体に巻いていた女性レプリカント、ゾーラといえば、映画ファンなら知らない人はいないはず。

 彼女のオフィシャルサイトによると、「ブレードランナー」25周年記念特別版DVDが近く全米発売されるようで、先頃“再撮された彼女の出演シーン”が加えられるらしい。彼女が82年のオリジナル版で着た自分の衣装を大切に保管していたのが幸いし、例のシースルーの衣装を着て再撮にのぞんだというのだ。60歳を過ぎた彼女のヌードよりは若い女優のボディダブルが良かったかもしれないが。

 一説にリドリー・スコット監督が現在再撮影中との噂もあり、それが真実だとすると、82年の劇場公開版、暴力描写が激しい“完全版”(ヨーロッパ公開版)、ラストにユニコーン(一角獣)が登場する92年の“ディレクターズ・カット版”と3つのバージョンが存在していたが、これは4つ目のバージョンということになる。「ブレードランナー」は日本では長い間廃盤状態だったが、25周年記念特別版DVDが今秋発売される。