海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > シリーズ情報 > ツイン・ピークス > シーズン1 > エピソード

ツイン・ピークス(ツイン・ピークス) シーズン1 : エピソード

エピソード

このエントリーをはてなブックマークに追加

第1話 序章

アメリカ北部の小さな町ツイン・ピークス。ある朝、町中の人気者だった女子高校生ローラ・パーマーがビニールに包まれた死体となって発見される。FBI捜査官デイル・クーパーはこの町の自然の美しさに感動するが、保安官トルーマンらと事件の捜査を進めるうち、町の裏側に秘められていた愛憎うず巻く人間関係や利権をめぐる陰謀が次々と明らかになっていく。

第2話 第1章

ローラの日記の中の鍵を入れた袋には、コカインの粉が付着していた。トラック運転手レオの妻シェリーは夫の血まみれのシャツを発見する。ジェームズは事件当日の深夜、ローラの様子が変だったと警察に告白、彼はローラの親友ドナと互いに惹かれ合っていることを確認する。ローラの母はローラのベッドの脇にうずくまる奇妙な男ボブの幻影を見る。

第3話 第2章

ベン・ホーンが経営するデパートの香水売り場の店員は、カナダの売春宿“片目のジャック”でも働くことが判明。クーパーは夢で学んだ直感捜査テクニックを披露、彼が容疑者の名を呼びながらビンに向けて石を投げると、レオの名のときにビンが割れる。製材所の未亡人ジョシーは、義妹の二重帳簿を発見。クーパーは赤いカーテンの部屋の夢を見る。

第4話 第3章

性格の悪いFBI捜査官アルバートはローラの胃袋からポーカーのチップの破片を発見。ローラの葬式でボビーは町の人々の偽善を告発、ローラの父が棺の上に乗って泣き、町中の話題に。保安官トルーマンはクーパーに町の森には昔から邪悪な存在が潜んでいること、それと戦うブックハウス・ボーイズという集団があり、自分も一員であることを告げる。

第5話 第4章

ローラの精神科医ジャコビーは、ローラには秘密があったと語る。クーパーは、ローラの母が幻覚で見た男ボブの似顔絵を見て、自分が夢で見た男と同一人物だと知る。警察が片腕の男を発見するが、彼はただの靴のセールスマンだと言う。ジェームズがローラそっくりの従姉妹マデリーンに会う。レオは麻薬取引の口封じのためベルナール・ルノーを殺す。

第6話 第5章

クーパーたちはルノーのアパートでローラの写真が載っているポルノ雑誌「肉体の世界」を発見。ログ・レディの“丸太”はローラが死んだ夜に森の中で男2人と女2人、そしてもう1人の男を見たことを語る。ノーマの殺人犯の夫ハンクが保釈になり、レオを待ち伏せして殴打する。レオの暴力に耐えてきた妻シェリーは、ついにレオを銃で撃つ。

第7話 第6章

マデリーンはローラの秘密の隠し場所で彼女が精神科医ジャコビーにあてたテープを発見。父ベンの行動を疑うオードリーは捜査のため“片目のジャック”で働く。ベンと共に製材所放火の陰謀を画策するキャサリンは、ベンが彼女に巨額の死亡保険をかけていることを知る。マデリーンはローラに扮してジャコビーを誘うが、別の男が彼女を見張っていた。

第8話 第7章

ジャック・ルノーは“片目のジャック”で発見されるが銃で撃たれて病院へ。ハンクはジョシーが起こした交通事故の身代わりになったことが判明する。キャサリンは何者かの電話で製材所に呼び出され、レオの仕掛けた火事に遭遇する。ローラの父は入院中のジャックを枕で窒息死させる。クーパーがホテルの部屋で、謎の襲撃者によって銃撃される……。