海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > シリーズ情報 > ザ・ホワイトハウス > ニュース > アーロン・ソーキン「ザ・ホワイトハウス」の黒人大統領版リブートを提案

ザ・ホワイトハウス(ザ・ホワイトハウス)

アーロン・ソーキン「ザ・ホワイトハウス」の黒人大統領版リブートを提案 - 海外ドラマ 映画.com

アーロン・ソーキン「ザ・ホワイトハウス」の黒人大統領版リブートを提案

アーロン・ソーキン「ザ・ホワイトハウス」の黒人大統領版リブートを提案
アーロン・ソーキン
写真:Shutterstock/アフロ

 「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー賞を受賞した脚本家アーロン・ソーキンが、自身の出世作であるテレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」のリブートの可能性について明言した。

 「ア・フュー・グッドメン」「アメリカン・プレジデント」「マネーボール」「スティーブ・ジョブズ」などを手がけたベテラン脚本家のソーキンは、ジェシカ・チェステイン主演の最新作「モリーズ・ゲーム(原題)」で映画監督デビューを飾っている。同作のプロモーションでハリウッド・レポーター紙の取材を受けたソーキンは、米NBCから「ザ・ホワイトハウス」のリブートを要請されていると告白した。

 「ザ・ホワイトハウス」は、ホワイトハウスを舞台に大統領とその側近を中心に描いた人気ドラマで、ソーキンは企画・製作総指揮を担当。米NBCで1999年から2006年まで放送されている。ハリウッド・レポーター紙の記者に、ドナルド・トランプ大統領のような人物を題材にリブートする意志はないかと訊かれると、「トランプはあの見た目通りの人間だ」と返答。「明白な精神障害を抱えた本当に間抜けな男だ」といい、現実でもフィクションでもまるで興味がないと言う。

 むしろ、米人気ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」に出演している黒人俳優スターリング・K・ブラウンを大統領役に起用したいと、ソーキンは言う。「何らかの非常事態、たとえば、戦争勃発の危機のような事態が発生し、すでに隠居しているバートレット元大統領(マーティン・シーン)に相談する」ような展開を考えているという。ただし、オリジナルキャストをどのようにストーリーに絡めるか考えがまとまっていないため、リブート版の実現にはまだ時間がかかりそうだという。

 ちなみに「モリーズ・ゲーム(原題)」は、ロサンゼルスとニューヨークでセレブが集う高級ポーカーゲームの経営を行っていた実在女性をめぐるストーリー。18年5月に全国で公開。

このエントリーをはてなブックマークに追加