海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > シリーズ情報 > シャーロック > ニュース > 敏腕プロデューサーのスティーブン・モファット、英人気SF「ドクター・フー」降板へ

シャーロック(シャーロック)

敏腕プロデューサーのスティーブン・モファット、英人気SF「ドクター・フー」降板へ - 海外ドラマ 映画.com

敏腕プロデューサーのスティーブン・モファット、英人気SF「ドクター・フー」降板へ

敏腕プロデューサーのスティーブン・モファット、英人気SF「ドクター・フー」降板へ
カンバーバッチ&マット・スミスをブレイクに 導いたスティーブン・モファット(中央)
写真:Rex Features/アフロ

 イギリスの敏腕テレビプロデューサーで脚本家のスティーブン・モファットが、英BBCの人気SFドラマ「ドクター・フー」のショーランナーを来年放送のシーズン10をもって降板することが決定した。

 1963年にスタートした同番組は、ドクターと呼ばれる異星人が、地球人の仲間とともにタイムマシン「ターディス」で時空を自由に行き来し、様々なトラブルを解決していくアドベンチャー。89年に一度終了したが05年に復活を遂げ、国外でも幅広い層からの人気を獲得している。モファットが今後手がけるのは、今年のクリスマススペシャルと、17年春に放送を予定しているシーズン10の全12話。後継には、「ブロードチャーチ  殺意の町」企画・制作総指揮のクリス・チブナルが決定している。

 「SHERLOCK シャーロック」のクリエイターでもあるモファットは、05年から脚本家として参加。全面リニューアルが行われた10年からショーランナーとして制作総指揮と脚本を兼ね、俳優のマット・スミスを11代目ドクターとして番組史上最年少で主演に抜てきし、大ブレイクに導いた。なおドクター役はピーター・カパルディに引き継がれている。

 英ラジオ・タイムズ誌によれば、モファットは「シーズン10の脚本を書き始めたばかりなのに、番組を去ることを話すのはおかしな気分だが、僕の“タイミー・ワイミー(時間やらなんやらといった意味の造語)”を使い切ってしまったというのが事実なんだ」と降板の理由を語り、「この宇宙のなかで最高の仕事をやり遂げ、クリスのためにターディスを温めておこう」と、最後のシリーズにかける意気込みとチブナルへのエールを送っている。

 「ドクター・フー」はHuluで配信中。

このエントリーをはてなブックマークに追加