海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > シリーズ情報 > LOST > ニュース > BBCドラマ部門トップ、J・J・エイブラムスのバッド・ロボットに移籍

LOST(ロスト)

BBCドラマ部門トップ、J・J・エイブラムスのバッド・ロボットに移籍 - 海外ドラマ 映画.com

BBCドラマ部門トップ、J・J・エイブラムスのバッド・ロボットに移籍

BBCドラマ部門トップ、J・J・エイブラムスのバッド・ロボットに移籍
ヒットメイカーのベン・スティーブンソン
Photo by Theo Wargo/Getty Images

 「SHERLOCK/シャーロック」など、英BBCで一連のヒットドラマを生み出したベン・スティーブンソンが、J・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットに移籍することになったとDeadlineが報じた。

 スティーブンソンは、2009年にBBC製作のドラマにゴーサインを出す“コントローラー”に就任。その後、「SHERLOCK/シャーロック」「刑事ジョン・ルーサー」「トップ・オブ・ザ・レイク」「The Missing」「The Honourable Woman」といった人気ドラマ制作を見極めてきた。

 イギリスでやりたいことをやり尽くしたというスティーブンソンは、ハリウッド進出を決意。ラブコールを送ったのが、「LOST」や「パーソン・オブ・インタレスト」といったヒットドラマを連発するエイブラムスだった。エイブラムスは自身の製作会社バッド・ロボットのテレビ部門トップの座をスティーブンソンのために用意。一方、過去8年にわたり同ポジションを担ってきたキャシー・リングは、ドラマプロデューサーに転向することになる。

 エイブラムスは、「ベン・スティーブンソンをバッド・ロボットファミリーに迎えることができて、興奮しています」と声明を発表。さらに、「偉大なテレビに対する思い、脚本家に対する情熱と尊敬の念、卓越した嗜好は、BBCでの仕事で証明済みです。面白くてインパクトのあるストーリー作りを一緒にできるのを楽しみにしています」と続けている。

 バッド・ロボットは、映画はパラマウント・ピクチャーズ、テレビドラマはワーナーブラザーズTVと契約を結んでいる。現在放送中のドラマは「パーソン・オブ・インタレスト」のみだが、キャメロン・クロウ監督の「Roadies」、ジョナサン・ノーラン製作総指揮の「ウエストワールド」、スティーブン・キング原作の「11/22/63」など注目の新ドラマを抱えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加