海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > シリーズ情報 > HAWAII FIVE-0 > ニュース > 「スリーピー・ホロウ」が人気脚本家コンビによりテレビドラマ化

HAWAII FIVE-0(ハワイファイブオー)

「スリーピー・ホロウ」が人気脚本家コンビによりテレビドラマ化 - 海外ドラマ 映画.com

「スリーピー・ホロウ」が人気脚本家コンビによりテレビドラマ化

「スリーピー・ホロウ」が人気脚本家コンビによりテレビドラマ化
ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチが共演した 「スリーピー・ホロウ」
写真:Album/アフロ

 ティム・バートン監督が「スリーピー・ホロウ」として映画化したこともある「スリーピー・ホロウの伝説」が、「FRINGE/フリンジ」や「HAWAII FIVE-O」を手がける人気脚本家コンビによってテレビドラマ化されることになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 「スリーピー・ホロウの伝説」は、ワシントン・アービングが1820年に発表した短編小説。1790年を舞台に、オランダ移民の村にやってきた教師が、裕福な農家の娘に恋をしたことがきっかけで、首なし騎士に追いかけ回されることになるというストーリーだ。

 人気脚本家コンビのアレックス・カーツマンとロベルト・オーチが手がける新ドラマは、現代を舞台に置き換え、呪われた村にやってきた主人公を描く超常現象スリラーになるという。パイロット版の脚本を執筆するのは、カーツマン&オーチと、原案者のフィリップ・アイズコーブの3人。演出は、「アンダーワールド」シリーズで知られるレン・ワイズマン。ワイズマンは、カーツマン&オーチが制作総指揮を手がける「HAWAII FIVE-O」のパイロット版の演出も手がけていた。

 制作を行うのは、20世紀フォックスTVと契約を結ぶカーツマン&オーチの制作会社K/O Paper Productsで、FOXで放送予定。ちなみに、カーツマンとオーチは、「エイリアス」でJ・J・エイブラムスと組んだことがきっかけで、その後、「M:i:III」や「スター・トレック」「FRINGE/フリンジ」などのエイブラムス作品を執筆した。

 また、「アイランド」や「トランスフォーマー」シリーズなどのマイケル・ベイ作品を手がけるほか、現在は「アメイジング・スパイダーマン」の続編や「ヴァン・ヘルシング」のリブート、SF小説「エンダーのゲーム」の映画化、桜坂洋のライトノベルのハリウッド映画化「All You Need Is Kill」の脚本を手がけるなど、いまハリウッドで最も人気のある脚本家チームだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加