海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > シリーズ情報 > ゴシップガール > ニュース > 「ゴシップガール」クリエイターが官能小説「カレンダー・ガール」をドラマ化

ゴシップガール(ゴシップガール)

「ゴシップガール」クリエイターが官能小説「カレンダー・ガール」をドラマ化 - 海外ドラマ 映画.com

「ゴシップガール」クリエイターが官能小説「カレンダー・ガール」をドラマ化

「ゴシップガール」クリエイターが官能小説「カレンダー・ガール」をドラマ化
ジョシュ・シュワルツとステファニー・サベージ
Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images

 米CWネットワークの大ヒットティーンドラマ「ゴシップガール」のクリエイター、ジョシュ・シュワルツとステファニー・サベージが、新たに米ABCスタジオの新ドラマ「カレンダー・ガール(原題)」を手がけることがわかった。

 2015年に発表された米作家オードリー・カーランの「カレンダー・ガール」シリーズは、父親がギャンブルで作った借金を返すために高級エスコートサービスに身を投じたミアが主人公の官能小説で、「次の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』」と期待されている。「カレンダー・ガール」のタイトル通り、1月から12月までそれぞれ異なる都市で異なる顧客との関係が描かれる。

 電子書籍版からスタートした「カレンダー・ガール」シリーズは、すでに1月から12月までの12巻が刊行済みで、大ヒットを記録している(現時点では邦訳はなし)。シュワルツとサベージの制作会社「フェイク・エンパイア」がドラマ版の制作にあたる。キャストは未定。

このエントリーをはてなブックマークに追加