海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > シリーズ情報 > エージェント・オブ・シールド > ニュース > 新ドラマ「スーパーガール」がフルシーズン化 初回放送の視聴者数は1290万人

エージェント・オブ・シールド(エージェント・オブ・シールド)

新ドラマ「スーパーガール」がフルシーズン化 初回放送の視聴者数は1290万人 - 海外ドラマ 映画.com

新ドラマ「スーパーガール」がフルシーズン化 初回放送の視聴者数は1290万人

新ドラマ「スーパーガール」がフルシーズン化 初回放送の視聴者数は1290万人
スーパーガール役のメリッサ・ブノワと姉役のカイラ・リー
Photo by Darren Michaels//CBS via Getty Images

 DCコミック原作の新ドラマ「スーパーガール」がシリーズ化されることが決定したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 同作は、スーパーマンのいとこを主人公にした新ドラマで、初回放送の視聴者は1290万人と今秋スタートした新ドラマで最高を記録している。全米放送を手がける米CBSはこのほど、製作会社に残りの7話を発注したことで、シーズン1は20話が制作されることになった。今後、このまま好調を維持できれば、シーズン2への継続は確実とみられている。

 ちなみに、昨今の米テレビ界ではアメコミ原作が人気で、ABCは「エージェント・オブ・シールド」と「エージェント・カーター」、20世紀フォックスは「ゴッサム」、The CWは「ARROW アロー」と「THE FLASH フラッシュ」を放送中だ。「スーパーガール」の製作総指揮を務めるグレッド・バーランティは、「ARROW アロー」と「THE FLASH フラッシュ」を手がけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加