海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > シリーズ情報 > アメリカン・ホラー・ストーリー > 魔女団 > エピソード

アメリカン・ホラー・ストーリー(アメリカンホラーストーリー) 魔女団 : エピソード

エピソード

このエントリーをはてなブックマークに追加

第1話引き継がれる魔力/Bitchcraft

ゾーイは恋人チャーリーと初めてベッドをともにする。しかし、チャーリーは突然顔中から出血し、死んでしまう。祖母の遺伝で不可解な特殊能力を受け継いでいると母から告げられたゾーイは、自らが魔女であるという衝撃の事実をが明かされ、ニューオーリンズにある謎の寄宿学校ミス・ロビショーズ・アカデミーへと送られることに。そこでは、魔女の集会という名の下に自分と同じように若き魔女たちが集まっていた。

第2話新たな世界/Boy Parts

長年音信不通だった、魔女団の最高位に君臨するフィオナがニューオーリンズに帰ってきたのは、不老不死の秘密を探るためだった。フィオナはナンの魔力を手がかりに、邸宅跡に生き埋めにされていたマダム・ラローリーを発見。一切年をとらずに200年近く生き続けてきたマダムがその秘密を知っていると思い、なぜ生きていられたのかを問い詰める。その頃、アカデミーの朝会中、前夜に大学生のパーティーに行っていたゾーイとマディソンに話がしたいと刑事がやってきて、2人は集団殺人の容疑をかけられる。

第3話後継者/The Replacements

ゾーイは、魔女狩りで死んだはずのミスティ・デイに出会い、彼女の助けでカイルを完全に生き返らせることに成功。カイルを母親のもとへと返す。不老不死に異常なまでの執着を見せるフィオナは、宿敵で、200年以上生きるブードゥー教の司祭、マリー・ラボーのもとを訪ねる。しかし、天敵である魔女の手助けはするつもりはないとあしらわれてしまう。日に日に体が弱っていくのを感じるフィオナは焦り始める。 一方、フィオナの監禁から脱走したマダム・ラローリーは、21世紀の世界についていけず途方にくれていたが、フィオナはマダム・ラローリーに過去の罪の償いとしてアカデミーで召使いをするよう命じる。

第4話死霊と蘇生/Fearful Pranks Ensue

マディソンが次期最高位の魔女だと考えたものの、事故を装い彼女を殺してしまったフィオナ。ちょうどその頃、小屋から物音が聞こえ、様子を見に行くとクイニーが何者かに襲われ死にかけており、フィオナはコーデリアと協力して救命を試みる。一方、魔女議会のマートルが、このところ不祥事の続くアカデミーを訪ね、それらに対する説明をフィオナに求める。

第5話火刑/Burn, Witch. Burn!

フィオナとコーデリアがバーで久々に親子の時間を過ごしていたとき、コーデリアは何者かに得体の知れない液体を顔にかけられ、病院に運ばれる。コーデリアが失明したと聞かされたフィオナは、娘に起きたことに責任を感じ途方にくれる。 その頃、ブードゥー・クィーンのマリー・ラボーは、魔女たちへの仕返しとしてマダム・ラローリーが過去に殺した奴隷たちを、ゾンビとして大量に蘇生させアカデミーを襲わせる。

第6話アックスマン/The Axeman Cometh

1919年、連続殺人犯のアックスマンは魔女たちに殺され、ロビショーズ・アカデミーに閉じ込められていた。ゾーイは、アックスマンと取引してついにマディソンを見つけ出し、ミスティ・デイの助けを借りて生き返らせる。視力を失ったコーデリアはいままで気づ付かなかったことが見え始め、ハンクの裏切りにも気づく。ガンを患うフィオナは治療中に周囲の心の声が聞こえてきて、自分の真の望みは、誰かと真剣に愛し合うことだと悟る。

第7話死のワナ/The Dead

死から蘇ったマディソンだったが、以前と違う自分に戸惑う。同じように生き返ったカイルも苦しんでいた。クイニーは白人の魔女たちと暮らすことに疑問を抱き始め、マリー・ラボーを訪ねる。コーデリアは千里眼を得たことでマディソン殺しの真相を知る。一方、ゾーイもスポルディングに魔術を使い、犯人を探ろうとしていた。フィオナはアックスマンと出会い意気投合するが、思わぬ事実を告げられる。

第8話儀式/The Sacred Taking

コーデリアたちはフィオナを自殺に追い込み、新スプリームを任命する計画を立てる。ガンを患い、心身ともに弱っていたフィオナは、真実の愛を見つけながらも絶望し、自ら命を絶つことを決意。一方、襲撃に遭ったミスティとマートルは、保護を求めてアカデミーに身を寄せる。クイニーの裏切りで、マリー・ラボーに捕まったマダム・ラローリーは、檻の中に監禁されていた。隣家の襲撃事件現場を見に行ったコーデリアは、自分たちが狙われていることに気づく。

第9話頭/Head

魔女狩りの標的となったことでフィオナは危機感を持ち、マリー・ラボーと同盟を結ぼうとする。マートルは、自分を火刑にした2人から眼球を取り出し、愛するコーデリアに移植。クイニーは黒人にひどい仕打ちをしてきたマダム・ラローリーが許せず、反省してもらいたいと思う。瀕死の状態になったルークだったが、ナンの助けを借り、母親に衝撃の事実を告げる。家を追い出され追い詰められたハンクは、ついに行動に出る。

第10話伝説の魔女/The Magical Delights of Stevie Nicks

フィオナは魔女を狙ったハンクの父親たちに反撃を開始する一方、マリー・ラボーから永遠の命を手に入れる方法を聞き出し、パパ・レグバと契約を結ぼうとする。ミスティ・デイはフィオナらの計らいで憧れのスティービーと対面するが、そこにスプリームの座を狙うマディソンが接近し、疑念を抱かせようとする。ナンは、ルークを殺した母親を罰するために命を奪うが、正義感の強さが災いし、フィオナとラボーに目をつけられる。

第11話攻防戦/Protect the Coven

マディソンは急速に親しくなったゾーイとカイルに腹を立て、2人を引き離そうとする。それを見かねたマートルは、殺される前に2人で逃げるようゾーイにアドバイス。ナンが死に、ミスティが行方不明になったことでコーデリアは自分の力の無さを痛感していた。一方、フィオナとマリー・ラボーは魔女たちを守るため、ハンクの父親と話し合いの場を設ける。そんな中、マリー・ラボーを殺したいマダム・ラローリーの前にある人物が現れる。

第12話それぞれの地獄/Go to Hell

クイニーはマリー・ラボーの体を切り刻んだマダム・ラローリーを殺すために、パパ・レグバと交渉する。マダム・ラローリーは館を改装し、ガイドになりすまして過去の悪行を覆い隠そうとしていた。千里眼を取り戻したコーデリアは、フィオナが自分たちを皆殺しにするつもりだと気づき、アックスマンを訪ねる。一方、救出されたミスティがマディソンを殴っていると、血だらけのアックスマンが現れる。

第13話新たなスプリーム/The Seven Wonders

本来、新しいスプリームは前任によって選ばれるはずだった。しかしフィオナは、その責務を果たすことなくいなくなってしまった。そこで、新スプリームを誰か見極めるため、7つの奇跡の試験が行われることになる。挑戦するのはゾーイ、マディソン、クイニー、ミスティの4人の生徒たち。しかし、その試験の内容は命を落としかねない危険なものだった。

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.