海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2019年5月 > 「ゲーム・オブ・スローンズ」最終シーズンを作り直して!オンライン嘆願に100万人以上が署名

「ゲーム・オブ・スローンズ」最終シーズンを作り直して!オンライン嘆願に100万人以上が署名 - 海外ドラマ 映画.com

「ゲーム・オブ・スローンズ」最終シーズンを作り直して!オンライン嘆願に100万人以上が署名

「ゲーム・オブ・スローンズ」最終シーズンを作り直して!オンライン嘆願に100万人以上が署名
最終シーズンに不満が噴出
Photo: Helen Sloan/HBO (C)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

 米大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終シーズンの作り直しを求めるオンライン署名が、100万人以上の賛同者を獲得している。

 「ゲーム・オブ・スローンズ」は5月19日(現地時間)、8シーズンにわたる歴史に幕を閉じたばかり。米ハリウッド・レポーターによれば、最終話の初回放送の全米視聴者数は1360万人で、再放送や配信を含むと視聴者数は1930万人にのぼり、「ゲーム・オブ・スローンズ」のみならず、全米放送を手がけるHBOにとって史上最高記録であるという。

 また、シーズン8の全6話は、再放送や配信で視聴者数を増やし続けており、1話あたりの平均視聴者数が4420万人という前代未聞の数字に到達。アメリカではまさに社会現象となっている。

 しかし、最終シーズンはその展開が賛否両論を巻き起こし、不満を持つファンも少なくない。今シーズンは原作者ジョージ・R・R・マーティンの原作が未刊のため、批判の矛先は企画・製作総指揮を手がけ、脚本にも携わるデビッド・ベニオフとD・B・ワイスに向かっている。

 そんななか、米オンライン署名サイトchange.orgで行われている「『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン8を有能な脚本家で作り直せ」というキャンペーンが注目を集めている。発信者はディラン・Dと名乗る「ゲーム・オブ・スローンズ」のファンで、2週間前にこのキャンペーンを開始。キャンペーンページ上で「デビッド・ベニオフとD・B・ワイスは、頼るべき原作が存在しないと、悲しいほど無能な脚本家たちであることを証明しました」「このシリーズには、意味をなす最終シーズンが相応しい。HBO、ぼくの期待を裏切ってこの願いを実現してくれ!」と最終シーズンの作り直しを求めている。最終話の放送前には、署名が100万人に到達。最終話の放送後も勢いを増しており、現時点(5月21日)で133万人となっている。

 その後ディランはキャンペーンページを更新。「HBO関係者からの連絡はありませんし、合理的に考えて、このシーズン、またはその一部が撮り直されることは期待していません。1エピソードを撮影するのに大金がかかることは、署名してくださったほとんどの方が理解していると思います。このキャンペーンの影響でHBOが大金を支払うでしょうか? それはないでしょう」「このメッセージの核は、(番組が)期待はずれであったことと、私たちが失望しているということを伝えることにあります」とつづっている。

 また、ベニオフとワイスは2021年公開の新「スター・ウォーズ」の脚本を執筆すると発表されていることから、キャンペーンページのコメント欄には「このふたりには『スター・ウォーズ』に近づいてもらいたくない」との声も寄せられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS