海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2019年1月 > 傑作怪奇小説「ねじの回転」がテレビシリーズ化

傑作怪奇小説「ねじの回転」がテレビシリーズ化 - 海外ドラマ 映画.com

傑作怪奇小説「ねじの回転」がテレビシリーズ化

傑作怪奇小説「ねじの回転」がテレビシリーズ化
ジャック・クレイトン監督「回転」より
写真:Album/アフロ

 作家ヘンリー・ジェームズによる古典怪奇小説「ねじの回転」が、テレビシリーズ化されることがわかった。

 1898年に発表された原作小説は、ある男性に離れて暮らす幼い甥と姪の家庭教師として雇われた女性が、屋敷に現れた亡霊から子どもたちを守ろうとする物語。米Deadlineによれば、ドラマ版は舞台を現代の米ワシントンの避暑地ベインブリッジアイランドに置き換え、妻を亡くした男性に子守として雇われたメキシコ系アメリカ人のエレナを主人公に描かれるという。パイロット版の脚本を、アレクサンドラ・マクナリー(「アンダー・ザ・ドーム」「ホワイトカラー」)が執筆している。

 「ねじの回転」は、これまで何度も舞台化、映像化されてきた名作。1961年にジャック・クレイトン監督が映画化した「回転」は、ギレルモ・デル・トロ監督のダークミステリー「クリムゾン・ピーク」(2015)に大きな影響を与えたと言われている。

 ドラマ版「ねじの回転」は、マクナリーとジョシュ・バーマン(「CSI 科学捜査班」)が制作総指揮を手がける。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS