海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2018年11月 > スタン・リー氏死去 享年95歳

スタン・リー氏死去 享年95歳 - 海外ドラマ 映画.com

スタン・リー氏死去 享年95歳

スタン・リー氏死去 享年95歳
死去したスタン・リー氏

 「スパイダーマン」「X-MEN」「アイアンマン」「ハルク」「ブラックパンサー」など、数々のスーパーヒーローを生み出したコミック原作者のスタン・リーさんが11月12日(現地時間)、米ロサンゼルスの病院で死去した。95歳だった。

 作家志望だったリーさんは1939年、後にマーベル・コミックスとなるタイムリー・コミックスに入社。当初は編集助手を務めていたが、41年に「キャプテン・アメリカ・コミックス」の原作を初めて執筆し、ペンネームのスタン・リーを用いることになる(本名はスタンリー・マーティン・リーバー)。わずか17歳のときだった。

 その後、兵役を経て、さまざまな作品を量産。最盛期の60年には、「ハルク」「ソー」「アイアンマン」「ドクター・ストレンジ」「スパイダーマン」「X-MEN」「デアデビル」などを手がけた。リーさんの最大の貢献は、ユニークな特殊能力を開発しただけでなく、スーパーヒーローたちを血の通った等身大のキャラクターとして描いたことだといわれている。それまでのスーパーヒーローは品行方正で画一的だったが、リーさんが生みだしたキャラクターはいずれも個性的だった。

 また、自身が原作を手がけた映画に端役としてカメオ出演していることでも知られている。20世紀フォックスが製作する「X-MEN」シリーズをきっかけに、ソニー・ピクチャーズの「スパイダーマン」シリーズと「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、マーベル・スタジオが製作する一連のマーベル映画に登場しており、最新作の「アントマン&ワスプ」でも姿を確認することができる。

 ケビン・スミス監督の「モール・ラッツ」(95)、ディズニーアニメ「ベイマックス」(14)を含めると、出演作品は36本にも及ぶ。19年公開の「アベンジャーズ4(仮題)」の撮影は既に終えていることから、この作品が遺作となりそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS