海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2018年9月 > キーファー・サザーランド主演「サバイバー」、打ち切りから一転Netflixで継続へ!

キーファー・サザーランド主演「サバイバー」、打ち切りから一転Netflixで継続へ! - 海外ドラマ 映画.com

キーファー・サザーランド主演「サバイバー」、打ち切りから一転Netflixで継続へ!

キーファー・サザーランド主演「サバイバー」、打ち切りから一転Netflixで継続へ!
「サバイバー」シーズン2場面カット
Ben Mark Holzberg/Getty Images

 「24 TWENTY FOUR」で知られるキーファー・サザーランドが米大統領を演じるドラマ「サバイバー」が、米ABCでの打ち切りから一転、Netflixでシーズン3へ継続されることが決定した。複数の米メディアが報じている。

 「サバイバー」は、連邦議会議事堂に集まっていた大統領を含む上位の政治家が爆破事件で全員死亡し、突如アメリカの運命を背負うことになった下級閣僚のトム・カークマン(サザーランド)が、国家転覆を企むテロ集団や複雑に絡み合う陰謀に立ち向かっていく政界サスペンス。シーズン2を終えた5月に米ABCが打ち切りを発表し、その直後からNetflixが救済するとの噂が報じられていたが、この度シーズン3が全10話で制作されることが正式に決定した。

 この決定にサザーランドは、「Netflixでシーズン3のカークマンを演じられることに興奮しています」「このプラットフォームでは、ストーリーを掘り下げると同時に、これまでは不可能だったアメリカの選挙における問題も扱えると信じています」とコメントしている。

 また、同シリーズのショーランナーに「アンダー・ザ・ドーム」などを手がけたニール・ベアーが、新たに就任。シーズン3は、前シーズンのラストで大統領再任を目指す意思を表明したカークマンが選挙キャンペーンに直面し、中傷戦術やディベート、選挙予算、フェイクニュースなど現在の選挙キャンペーンの実情を描く内容になるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS