海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2018年2月 > アマゾンのLGBTドラマ主演俳優、セクハラで解雇も徹底抗戦の構え

アマゾンのLGBTドラマ主演俳優、セクハラで解雇も徹底抗戦の構え - 海外ドラマ 映画.com

アマゾンのLGBTドラマ主演俳優、セクハラで解雇も徹底抗戦の構え

アマゾンのLGBTドラマ主演俳優、セクハラで解雇も徹底抗戦の構え
ジェフリー・タンバー
Shutterstock/アフロ

 セクハラ疑惑が浮上していた米人気ドラマ「トランスペアレント」の主演俳優ジェフリー・タンバーが、制作元の米アマゾン・スタジオによって解雇されたことが米Deadlineによって明らかになった。

 本作は、70歳を迎えた父親がトランスジェンダーであることを告白したのをきっかけに、家族の問題や秘密が浮き彫りになっていくさまを描いたブラックコメディ。女性モーラとして生きる決意をした主人公の元大学教授モートン・フェファーマン役を演じ、ゴールデングローブ賞とエミー賞の二大アワードで主演男優賞に輝いたタンバー。昨年11月、以前アシスタントを務めていたバン・バーンズと、同ドラマで共演したトランスジェンダー女優のトレイス・リセットが、タンバーから「性的に不適切な行為を受けた」と告白したことで、セクハラ疑惑が浮上していた。

 事実究明のため独自に調査を進めてきたアマゾンは2月15日(現地時間)、シリーズクリエイターであるジル・ソロウェイの、「バン・バーンズとトレイス・リセットの勇気ある告発は、現在この業界が必要としているリーダーシップの最たる見本であり、敬意を抱かずにはいられません。放送開始当初から『トランスペアレント』を応援し続けて下さっている多くのトランスジェンダーの方たちに、改めてお礼を申し上げるとともに、このドラマに携わるすべての人が安心して働ける環境にすべく、適切な対策をとることをお約束します」という声明を発表。そして入念な調査の結果、タンバーの行いが「正当化できない、許されざるもの」と判断し、解雇に踏み切ったこと明かした。

 セクハラ容疑を断固否定する一方で、昨年11月19日、「撮影現場が政治がかった雰囲気に包まれているなか、『トランスペアレント』に戻ることは難しい」と同サイトに語り、自らの意思による降板を示唆していたタンバー。しかし解雇通告を受けるや否や一転、「私に対する虚偽の告発をうのみにしたアマゾンにも、私を共演者に危害を与える危険人物に仕立て上げたジル・ソロウェイにも、深く失望させられた。この素晴らしいドラマに携わってきた4年間、一度たりとも私の言動が問題視されたことなどないし、その事実からも、今回の調査が現在我々の業界を毒している政治的・社会的風潮の影響を含んだ、偏見に満ちたものだったとわかるはずだ」と痛烈なコメントで反撃。徹底抗戦の姿勢を見せている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS