海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2017年10月 > 「ロズウェル 星の恋人たち」がリブート

「ロズウェル 星の恋人たち」がリブート - 海外ドラマ 映画.com

「ロズウェル 星の恋人たち」がリブート

「ロズウェル 星の恋人たち」がリブート
また登竜門となるか?
写真:Album/アフロ

 1991年~2001年に3シーズンにわたり全米で放送され、熱狂的なファンを生んだテレビシリーズ「ロズウェル/星の恋人たち」が、米CWネットワークでリブートされることがわかった。

 「ロズウェル/星の恋人たち」は、1947年のUFO墜落事件で有名な米ニューメキシコ州ロズウェルの町を舞台に、高校生のリズとエイリアンの青年マックスが織り成すロマンスにミステリーの要素を絡めて描いたSF青春ドラマ。日本でも01~02年にテレビ放送され、深夜枠ながら高視聴率を記録した。

 米バラエティによれば、オリジナル版と同じメリンダ・メッツの小説シリーズ「ロズウェル・ハイ(原題)」を原作に、1話・1時間構成でつづるリブート版では、不法移民を両親に持つ女性を主人公に据えるなど現代社会が抱える問題を盛り込んだ、よりリアルな内容を目指しているという。故郷ロズウェルに戻ってきた主人公は、高校時代に思いを寄せていた男性と再会を果たすが、実は彼がエイリアンだったという驚愕の事実を知ってしまう。本人でさえよくわかっていないという彼の出生の謎を解くため調査を続ける過程で、恋に落ちていく2人。だが、地球が攻撃されたのを機に、地球上に潜んでいたエイリアンたちの存在が発覚し、ひた隠しにしてきた国家機密が漏れるのを恐れた政府から執拗に追われることになる。

 人気ドラマ「オリジナルズ」のカリーナ・アドリー・マッケンジーが制作総指揮と脚本を担当。米アンブリン・テレビジョンのジャスティン・ファルベイとダリル・フランク、ベンダー・ブラウン・プロダクションズのローレンス・ベンダー、ならびにオリジナルシリーズを手がけたケビン・ケリー・ブラウンが制作総指揮にあたる。

 オリジナルシリーズが、ジェイソン・ベアやシリ・アップルビー、キャサリン・ハイグル(「グレイズ・アナトミー」)、エミリー・デ・レイビン(「ワンス・アポン・ア・タイム」)ら、後にスターとなる若手俳優を多数輩出したことで知られるだけに、リブート版のキャスティングの行方からも目を離すことができない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS