海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2014年1月 > 12時間に短縮された「24」新作の放送開始日決定

12時間に短縮された「24」新作の放送開始日決定 - 海外ドラマ 映画.com

12時間に短縮された「24」新作の放送開始日決定

12時間に短縮された「24」新作の放送開始日決定
逃亡者ジャック・バウアーを描く
写真:AP/アフロ

 人気ドラマ「24/TWENTY FOUR」の新作「24: Live Another Day(原題)」が、5月5日に全米放送開始されることが明らかになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 同作はシーズン8から4年後のロンドンを舞台に、逃亡者となったジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の活躍が描かれることになる。人気キャラクターのクロエ(メアリー・リン・ライスカブ)の出演も決定。ミニシリーズとしての放送再開のため、エピソード数はこれまでの24話から12話に半減したものの、リアルタイムで進行するスタイルに変わりはない。

 制作総指揮のマニー・コトによれば、24時間のうち12時間だけがドラマで描かれることになるという。なお、主演のキーファー・サザーランドによれば、「24: Live Another Day(原題)」の人気次第では、今後「24/TWENTY FOUR」がリブートされる可能性があるという。

 サザーランドは「この番組を始めたとき、ドラマの真の主役は『24』のコンセプトだと言った。いまでもその信念に変わりはないんだ」と話す。別のキャラクターでの継続にも理解を示し、「今回のドラマでジャック・バウアーを援助する若いキャラクターに視聴者が強い興味を抱くようになれば、リブートが選択肢に入るね」と語っている。

 さらに、一度は製作中止となった映画化企画にも強い関心があるといい、ミニシリーズの反響次第では「24/TWENTY FOUR」がテレビと映画の両方で展開する可能性もありそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS