海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2013年7月 > トロント映画祭はカンバーバッチ祭!オープニング作品ほか出演作3本上映

トロント映画祭はカンバーバッチ祭!オープニング作品ほか出演作3本上映 - 海外ドラマ 映画.com

トロント映画祭はカンバーバッチ祭!オープニング作品ほか出演作3本上映

トロント映画祭はカンバーバッチ祭!オープニング作品ほか出演作3本上映
「The Fifth Estate(原題)」の一場面
写真提供:アマナイメージズ

 ウィキリークスを題材にしたドリームワークスの新作映画「The Fifth Estate(原題)」が、トロント国際映画祭のオープニング作品に選ばれたと、バラエティ紙が報じた。

 同作は、ウィキリークスを題材としたノンフィクション「ウィキリークス WikiLeaks アサンジの戦争」(デビッド・リー、ルーク・ハーディング著)と「ウィキリークスの内幕」(ダニエル・ドムシャイト=ベルグ著)を下敷きに、「FRINGE」や「ザ・ホワイトハウス」などのテレビドラマを手がけた脚本家ジョシュ・シンガーが脚色。「ドリームガールズ」のビル・コンドンがメガホンをとり、創設者のアサンジを、「SHERLOCK」や「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが演じていることから大きな注目を集めている。

 カンバーバッチの出演作はこのほかにも、メリル・ストリープやジュリア・ロバーツと共演する舞台劇の映画化「August: Osage County(原題)」と、スティーヴ・マックイーン監督、マイケル・ファスベンダー、キウィテル・イジョホー主演「12 Years A Slave」の合計3作品が同映画祭にて上映されることになっており、さながらカンバーバッチ映画祭といった様相を呈してきた。

 それ以外の注目作では、ケイト・ウィンスレット主演のジェイソン・ライトマン監督作「Labor Day(原題)」、コリン・ファースとニコール・キッドマン共演の第2次世界大戦を描く「The Railway Man(原題)」などが初披露される。例年、同映画祭で上映された作品がその後の賞レースで注目されていることから、来年のアカデミー賞レースを占う上でも重要な映画祭となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS