海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2013年3月 > オバマ大統領にそっくり!? 米人気ドラマ「ザ・バイブル」の悪魔役が論争に

オバマ大統領にそっくり!? 米人気ドラマ「ザ・バイブル」の悪魔役が論争に - 海外ドラマ 映画.com

オバマ大統領にそっくり!? 米人気ドラマ「ザ・バイブル」の悪魔役が論争に

 聖書を題材にした「ザ・バイブル(原題)」という話題の新ドラマが、アメリカで論争を巻き起こしていると、Deadlineが報じた。

 同ドラマは、3月3日に米ヒストリー・チャンネルで放送を開始し、初回の視聴者数1310万人を記録。ケーブル局の放送番組としては2013年で最高の数字を叩き出し、アメリカ人のキリスト教への関心の強さを見せつけている。そんななか、3月17日に放送された第3話がインターネット上で物議を醸している。

 同エピソードには悪魔が登場するが、その悪魔がバラク・オバマ大統領にそっくりだというのだ。DeadlineやDaily Mailなどが「ザ・バイブル」の悪魔のスチール写真と、オバマ大統領の写真を並べて掲載しており、確かに似ていることが確認できる。キリスト教右派は熱烈な米共和党支持者として知られていることから、「ザ・バイブル」の制作陣は、悪魔のルックスを意図的にオバマ大統領に似せたとの疑惑が広まっている。

 これに対し、ヒストリー・チャンネルは「オバマ大統領に最高の敬意を持っています」と声明を発表。制作総指揮のマーク・バーネットとローマ・ダウニーも、「まったくのナンセンス」と、疑惑を否定している。ちなみに、悪魔を演じているのは、モロッコ出身の俳優だという。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS