海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2012年3月 > ゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」オーディションで日本人女性が優勝

ゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」オーディションで日本人女性が優勝 - 海外ドラマ 映画.com

ゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」オーディションで日本人女性が優勝

ゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」オーディションで日本人女性が優勝
人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド
(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC

 米AMCで放送中の高視聴率ゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」が開催したオーディションで、日本代表の20歳の女性・神林あかねさんが優勝し、シーズン3にゾンビ役で出演することが決定した。

 世界40カ国以上のFacebookで、ゾンビ・アバター募集キャンペーンを展開。そこで選ばれた各国の代表がロサンゼルスに集結し、ゾンビ役奪取を賭けてそれぞれが熱演を披露した結果、あかねさんが見事、番組出演権を手に入れた。

 審査員として参加した、「ウォーキング・デッド」でエミー賞メイクアップ賞を受賞した特殊メイクアーティストのグレッグ・ニコテロと、グレン役を演じるスティーブン・ユインは、あかねさんの演技に「特にアドバイスする必要がないほどいい出来」と太鼓判。あかねさんは「夢がかないました」と喜びを語り、今夏アトランタで予定されているシーズン3の撮影について「最高の演技ができるように頑張ります」と意欲を見せている。

 コミック作家ロバート・カークマンのアメコミが原作の「ウォーキング・デッド」は、保安官リックとわずかな生存者たちがゾンビたちの襲撃からサバイバルを繰り広げるホラーで、ケーブル局が放送するドラマとしては全米No.1の視聴率を誇っている。日本では現在、FOXでシーズン2が放送されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS