海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2012年2月 > 山本裕典、過去のキスシーンは「全部カットされている」と告白

山本裕典、過去のキスシーンは「全部カットされている」と告白 - 海外ドラマ 映画.com

山本裕典、過去のキスシーンは「全部カットされている」と告白

山本裕典、過去のキスシーンは「全部カットされている」と告白
好きになったら1秒でも会いたい!

 俳優の山本裕典が2月28日、都内で行われた米人気ドラマ「One Tree Hill ワン・トゥリー・ヒル」のリリース記念イベントに出席。自身が過去に経験したキスシーンに触れ「映画やドラマで、たぶん3回ほど挑戦したが、全部カットされている。ヘタクソなのかな……」と思案顔だった。

 2003年に全米で放送が開始し、同時期にスタートした「The OC」とともに2大青春ドラマとして絶賛され、現在まで放送が続く長寿シリーズ。性格も育った環境も違う異母兄弟のルーカス(チャド・マイケル・マーレイ)とネイサン(ジェームズ・ラファティ)が、唯一共通の才能であるバスケットボールを通して、確執と成長のドラマを経験する。山本は本シリーズのスペシャル・サポーターを務めている。

 小学生の頃、バスケ部に所属していたといい「ふたりがライバルとしてぶつかりながら、成長する姿が格好よく、ほほ笑ましい。試合のシーンも迫力満点」とアピール。ふたりを取り巻く友情やロマンス、家族の物語も見どころだといい「特に恋愛は、甘ずっぱいと同時に、昼ドラかと思うほどドロドロしている」と熱っぽく語った。

 好みの女性キャラクターは、ネイサンの恋人・ペイトンで「海外ドラマには珍しく、やまとなでしこの要素がある。僕自身、礼儀正しく奥ゆかしい女性がタイプ」。恋愛すると「相手に毎日でも、いや1分、1秒でも会いたい」そうで「以前、ドライな性格の方とお付き合いしていたときは、日々心が折れそうになった」と苦い過去を振り返った。

 「One Tree Hill ワン・トゥリー・ヒル」<ファースト・シーズン>は3月7日、<セカンド・シーズン>は4月4日にDVDリリースおよび、オンデマンド配信を開始。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS