海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2010年10月 > カルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」リメイクへ

カルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」リメイクへ - 海外ドラマ 映画.com

カルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」リメイクへ

カルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」リメイクへ
色あせない人気ホラー・ミュージカル 写真:Album/アフロ

 1975年のカルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」(ジム・シャーマン監督)をリメイクする動きがあり、その監督として大ヒットミュージカルコメディ「Glee」のクリエイター、ライアン・マーフィが交渉に入っていることが分かった。

 マーフィは、10月26日に放送予定の「Glee」シーズン2第6話で「ロッキー・ホラー・ショー」をテーマに取り上げており、同エピソードには同作のオリジナルキャスト(バリー・ボストウィック&ミートローフ)も出演することになっている。

 米Deadline Hollywoodによれば、マーフィはリメイクを企画しているフォックス2000、およびプロデューサーのピーター・チャーニン、ルー・アドラーらとの面談を済ませているという。マーフィは「Glee」のほか、最近ではジュリア・ロバーツ主演の「食べて、祈って、恋をして」の監督としても知られる。そのロバーツと再び組むロマンチックコメディや、マーク・ラファロ主演の新作映画「Normal Heart」でもメガホンをとる予定で、いまや引っ張りだこの売れっ子だ。

 「ロッキー・ホラー・ショー」は、リチャード・オブライエンの舞台を映画化したホラー・ミュージカル。オブライエンと前述の2人ほか、ティム・カリー、スーザン・サランドンらが出演。熱心な信者を獲得しているカルト映画で、初公開から30年以上、常に世界のどこかで上映されている作品としても知られている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS