海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2008年8月 > 海外TVシリーズ史上最もセクシーな21のラブシーンは?

海外TVシリーズ史上最もセクシーな21のラブシーンは? - 海外ドラマ 映画.com

海外TVシリーズ史上最もセクシーな21のラブシーンは?

 米エンターテインメント・ウィークリー誌が、「TVシリーズ史上最もセクシーな21のラブシーン」を発表した。以下、7作品のラブシーンを紹介。

 「Lの世界」シーズン5で、ベティ(ジョニファー・ビールス)とティナ(ローレル・ホロマン)が2人きりでエレベーターの中で交わした濃厚なキス。

 「グレイズ・アナトミー」シーズン2の最後で、メレディス(エレン・ポンピオ)とデレク(パトリック・デンプシー)が交わすTV画面を溶かすようなキス。

 ゲイドラマ「クィア・アズ・フォーク」で、ブライアン(ゲイル・ハロルド)がブリーフ1枚になった自分の身体にペットボトルの水をかけ、さらにブリーフを脱いで始まるゲイ同士のラブシーン。

 「ゴシップガール」で、チャック(エド・ウェストウィック)とブレア(レイトン・ミースター)が、リムジンの中の思わず身体を求め合うラブシーン。

 「バトルスター・ギャラクティカ」で、スターバック(ケイティ・サッコフ)と兵器密売人レオベン(カラム・キース・レニー)が白い絵の具にまみれながら求め合うセックス。

 「マッド・メン」シーズン1で、ピート(ビンセント・カーシーザー)と秘書課の新人ペギー(エリザベス・モス)が広告代理店のソファでするオフィスラブ。

 「セックス・アンド・ザ・シティ」で、キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)が、ナターシャと結婚しているMr.ビッグ(クリス・ノース)とホテルのエレベーターでキス、不倫関係がスタートするシーン。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS