海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2008年7月 > スコセッシ監督が「ザ・ソプラノズ」脚本家と組んで新TVドラマを製作

スコセッシ監督が「ザ・ソプラノズ」脚本家と組んで新TVドラマを製作 - 海外ドラマ 映画.com

スコセッシ監督が「ザ・ソプラノズ」脚本家と組んで新TVドラマを製作

スコセッシ監督が「ザ・ソプラノズ」脚本家と組んで新TVドラマを製作
第58回ベルリン国際映画祭のレッドカーペットで 手を振るスコセッシ監督

 [ロサンゼルス 11日 ハリウッド・レポーター] 米HBOがこのたび新たに発注したドラマのパイロット版ラインナップを発表したが、そのうちの1本を「ディパーテッド」でアカデミー監督賞を受賞したマーティン・スコセッシ監督が手がけることが分かった。

 ネルソン・ジョンソンによるノンフィクション「Boardwalk Empire: The Birth, High Times, and Corruption of Atlantic City」に基づく作品で、1920年代のアトランティックシティを舞台にしたドラマだという。HBOの「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」の脚本家、テレンス・ウィンターがパイロット版の脚本執筆にあたる。今後、本作がシリーズ化された場合、スコセッシ監督にとっては初のTVシリーズとなることでも話題だ。

 今回ほかにパイロット版の制作が発表されたのは、「THE WIRE/ザ・ワイヤー」のクリエイター、デビッド・サイモンによるハリケーン・カトリーナ後のニューオーリンズのドラマ「Treme」と、サラ・ジェシカ・パーカーが製作総指揮にあたる「The Washingtonienne」。後者は、ワシントンDCで議員事務所のアシスタントをしていたジェシカ・カトラーが政治家たちとの奔放なセックスライフを綴って話題になったブログ(と書籍)に基づいたコメディ。

※この記事はロイター通信社との契約に基づき、株式会社エイガ・ドット・コムが日本語翻訳を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS