海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2008年5月 > 全米映画ファンが見たい夏休み映画、1位に「セックス・アンド・ザ・シティ」

全米映画ファンが見たい夏休み映画、1位に「セックス・アンド・ザ・シティ」 - 海外ドラマ 映画.com

全米映画ファンが見たい夏休み映画、1位に「セックス・アンド・ザ・シティ」

全米映画ファンが見たい夏休み映画、1位に「セックス・アンド・ザ・シティ」
期待度No.1「セックス・アンド・ザ・シティ」

 [ロサンゼルス 1日 ロイター] スーパーヒーローもの「アイアンマン」の5月1日公開と共に、いよいよ全米夏の映画シーズンが始まった。北米では、これから8月末までの4カ月間のチケットセールスが年間の売上の40%を占めるとあって、ハリウッドにとっては極めて重要な時期だ。

 そんななか、映画サイトAOL Moviefoneが約42万人の映画ファンを対象に行った調査の結果、この夏最も見たい映画の1位に、32%の票を獲得した「セックス・アンド・ザ・シティ」(5月30日公開)が選ばれた。僅差の31%で2位に着けたのは、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(5月22日公開)。

 「セックス・アンド・ザ・シティ」の主演女優サラ・ジェシカ・パーカーは見たい女優の1位、「インディ・ジョーンズ」の主演男優ハリソン・フォードは見たい男優の1位にも輝いている。女優部門の2位に「ウォンテッド」のアンジェリーナ・ジョリー、男優部門の2位にはバットマン・シリーズの「ダークナイト」(7月18日公開)が遺作となった故ヒース・レジャーがそれぞれランクインした。

 一方、「スピード・レーサー」(5月9日公開)と「ヘルボーイ2」(7月11日公開)の2本のアクション大作は、見たい度がそれぞれ約2%と大苦戦。「スピード・レーサー」にいたっては、がっかりする確率の高い映画の1位に選ばれている。

※この記事はロイター通信社との契約に基づき、株式会社エイガ・ドット・コムが日本語翻訳を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS