海外ドラマ 映画.com

海外ドラマトップ > ニュース > 2007年7月 > 「24」シーズン7の内容をエグゼクティブ・プロデューサーが明かす

「24」シーズン7の内容をエグゼクティブ・プロデューサーが明かす - 海外ドラマ 映画.com

「24」シーズン7の内容をエグゼクティブ・プロデューサーが明かす

「24」シーズン7の内容をエグゼクティブ・プロデューサーが明かす
ホワイトハウスも舞台なのね

 米人気TVシリーズ「24」のエグゼクティブ・プロデューサー、ハワード・ゴードンが、来年1月から全米放送開始となるシーズン7の内容を明らかにした。

 シーズン6から3年後という設定で、舞台は「24」の番組史上初めてロサンゼルスを離れ、ワシントンDCになる(撮影はロサンゼルス)。すでに安定した指導力を発揮している女性大統領(チェリー・ジョーンズ)が新たなテロ事件を通じてジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)に協力を仰ぐという展開になり、バウアーにとっては、かつてのデビッド・パーマー大統領(デニス・ヘイスバート)に次ぐ、頼れる大統領の登場と言えそうだ。

 なお、シーズン7は撮影直前になってストーリーが大幅に変更となったことで知られているが、元々の案では、物語の舞台はアフリカだった。バウアーは自分探しの旅の途中でクーデターに巻き込まれるという筋書きだったというが、製作費などの事情からボツとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 海外ドラマニュースRSS